本文へスキップ

防水施工技能士

技能士 資格

技能士の資格を取るHEADLINE

防水施工技能士


作業の専門を選択できる

試験の特色 

防水工事には、線防水、面防水などの種類があり、さらに建造物の種類や防水場所などによって、その施工法が異なっている。
 
検定は、(1)アスファルト防水工事作業、(2)ウレタンゴム系塗膜防水工事作業、(3)アクリルゴム系塗膜防水工事作業、(4)合成ゴム系シート防水工事作業、(5)塩化ビニル系シート防水工事作業、(6)セメント系防水工事作業、(7)シーリング防水工事作業、(8)改質アスファルトシートトーチ工法防水工事作業、(9)FRP防水工事作業などの作業に分けられている。


詳細情報
試験形式: 1級と2級がある。
学科試験: 各作業共通科目として建設一般、製図、関係法規、安全衛生など。
 選択作業科目の範囲としては、器工具・機械の種類・用途・使用方法、工事の段取り、防水層の故障の種類・原因・補修方法、防水下地の種類・特徴、工事に使用する材料の種類・規格・性質・用途など。
実技試験: 選択した作業によって異なるが、防水下地の点検・処理、墨出し、養生、防水材料の取扱い、施工法など。


問い合わせ先
中央職業能力開発協会
住所:〒160-8327 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビルディング
TEL:03-6758-2861・2859





技能士 資格取得