本文へスキップ

仕上げ技能士

技能士 資格

技能士の資格を取るHEADLINE

仕上げ技能士


機械加工と並ぶ受験者数

試験の特色 

検定は、手工具や工作機械による機械部品の仕上げ及び組立てに必要な技能を対象として、昭和34年度から実施されている。また、機械加工と並んで受験者が多い(特に2級)有力職種である。


詳細情報
試験形式: 特級、1級、2級、3級があり、それぞれに学科試験と実技試験が行われる。
学科試験: 各作業の共通科目は、手仕上げ・けがき、切削工具・研削工具、品質管理、金属材料、パッキン用材料、材料試験、荷重・応力・ひずみ、油圧機器・空圧機器、製図、電気、安全衛生など。選択科目として、治工具仕上げ作業は治工具、測定機器、ジグなど。金型仕上げ作業は金型、ジグなど。機械組立て仕上げ作業は組立ての段取り、製品の各種試験方法、ジグなどについて出題される。
実技試験: (1)治工具仕上げ作業=やすり、すり合わせ用角度定規などで精度を要する左右対称のオス(2級は段状)、メスの治工具を製作。
(2)金型仕上げ作業=やすり、 きさげ、スコヤなどを使用し、みぞ彫りを含む加工(1級のみ)をして精度を要する金型の製作。
(3)機械組立て仕上げ作業=やすり、 卓上ボール盤などを使用し、 はめあい、 心出しなどにより丸ロッド(2級は角ロッド、3級はロッド)を含む部品の製作。


問い合わせ先
中央職業能力開発協会
住所:〒160-8327 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビルディング
TEL:03-6758-2861・2859





技能士 資格取得